• ホーム
  • 避妊薬が治療薬?ひどい生理痛は子宮内膜症の可能性あり

避妊薬が治療薬?ひどい生理痛は子宮内膜症の可能性あり

子宮内膜症は手術時に初めて確定診断ができる病気です。
症状は生理痛がひどい、性交痛があるなどで、閉経まで完全に治らない病気です。
再発の可能性もあり、子宮と卵巣の全摘出をしないと完治しません。
手術は開腹手術と腹腔鏡下手術があり、女性を悩ませる病気です。
また、子宮内膜症がある場合は不妊症になる場合が多く、本人だけでなくパートナーまで悩ませます。

生理痛もひどく、そのために仕事ができないぐらいの痛みです。
生理痛を和らげ、子宮内膜症の治療として何種類かの薬があり、それぞれに合った薬が処方されます。
また、内服薬、点鼻薬、注射があります。
その薬のうち、低用量ピルがあり、長期治療の弱い薬剤として治療に使われます。
低用量ピルとは避妊薬の一種で、本来は避妊の目的で使用されるのですが、子宮内膜症の治療薬として処方されます。
本来避妊薬として使用されているのはホルモンのバランスをコントロールし、排卵が起きないようにして普通の生理が起こらないようにするためです。

避妊薬が治療薬になり現在服用している事は、他の病気の診察の際にあらかじめ説明しておかないと、医師にも誤解を招くことがあります。
この低用量ピルは生理痛に効くので子宮内膜症を持つ女性にはとても助かる薬なのですが、毎日飲む薬なので飲み忘れには気を付けなければいけません。
また、薬剤は副作用がありますので、何か異常を感じたら医師と相談の上服用をする事が大前提です。

この低用量ピルで一定期間生理を止めておいて、子宮内膜症のために起こってしまった不妊治療を行うという事は、考えてみると不思議です。
避妊薬で不妊治療、50年ほど前は考えられなかったことですが、いずれにせよ医学の進歩のおかげで自分の子供を持つことができる女性が増えています。